腰痛の中川式治療法

スポンサードリンク

腰痛を中川式治療法で改善する

腰痛の原因はさまざまですが、その約80%は骨を支えている腹筋、背筋の衰えからくると言われています。そのような場合は適度なストレッチングとトレーニングで腰痛を治せるという理論に基づいた治療方法が中川式治療法です。

 

腰痛の種類の中で、中川式療法が効果的な症状は、腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、脊椎すべり症、骨粗鬆症などです。

 

腰痛を中川式治療法で治療する場合の長所は、治療に痛みがともなわず爽快感がある、腰椎の再発防止のほか、健康体を作り維持するのに役立つ、各人に必要な体力をつけることができる、などです。

 

中川式治療法で治療する場合の注意点は、投薬や手術などが必要の場合もあるので、事前に病院での検査、診断を受けておくこと、腰痛が治ったと思っても、ストレッチングは継続することが必要、などがあります。

 

・腰痛を解消する3つのポイント
@各関節の正しい位置関係を取り戻す
A正しい関節の位置を保つために適切な筋力強化を行う
B神経の通路の周辺の血行を改善して柔軟性をつける

中川式治療法を受ける価値がある人

中川式治療法を調べておられる方は、おそらくこれが最後の砦になるだろうということは、うすうす感ずいているのではないかと思います。

 

一応以下の条件に当てはまるなら、やってみる価値はあるのではないかと思われます。

 

・様々な「腰痛治療」、「体操」、「ベルト」、「ストレッチ」、「コルセット」を試してきたが、どれも効果が出なかった。
・生活に支障をきたすほどの腰の激痛に悩まされている。
・「脊柱管狭窄症」と診断され、休み、休みでないと、歩くことが出来ない。
・「椎間板ヘルニア」、「すべり症」、と診断され、脚の付け根まで、痺れてしまっている。
・「坐骨神経痛」と言われ30分以上椅子に座ることが困難

 

・医者から手術を勧められている。
・ぎっくり腰を何度も、何度も繰り返してしまう。
・薬を飲んでも一時的で根本的に効き目がない。
・毎日マッサージをしても腰の状態が変わらない、それどころか、「もみ返し」で症状がひどくなった経験がある。
・腰の痛みのせいで度々、夜も眠ることもできない。

 

腰痛は手術をしても完全に治る保障はない、やっかいなものです。
手術して少しでも楽になれば良いのですが、結果的に悪化してしまうこともよくあるようです。

 

それならば、高い手術をするよりも、まず中川式治療法をやってみる価値は十分にあるといえます。
一時的な治療ではなく、毎日良い状態が続く普段の生活を取り戻したい方にはおすすめだと思います。

 

⇒ 中川式腰痛治療法はこちらです

スポンサードリンク

関連ページ

腰痛を背骨体操、鍼灸で改善する
腰痛を背骨体操、鍼灸で改善についての記事です
水中運動とストレッチヨーガ
水中運動とストレッチヨーガについての記事です