腰痛治療のカイロプラクティック、アトラス仙骨療法

スポンサードリンク

腰痛治療をカイロプラクティックでする

腰痛治療で有名なカイロプラクティックとは、背骨とその周辺にある多くの神経との関係に着目して、背骨、骨盤のゆがみを矯正することで、神経が正常に動くように調整して病状を改善させるものです。

 

腰痛をカイロプラクティックで治す場合の実際の治療の流れは、問診をし、足の上がり具合、関節の動きなどをテストし、実際に背骨に指で触れたりレントゲン検査やサブラクセーションの確認を行います。
次に異常部にアジャストメントを加えます。器具や薬は使わず手技だけで行います。
所要時間は検査に20分程度、手技に10分程度です。

 

腰痛の種類の中でもカイロプラクティックの効果が現れやすいものに、慢性腰痛症、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経症、筋肉や骨格を中心とした腰痛などがあります。

 

腰痛治療をカイロプラクティックでする場合の長所は、子供からお年寄りまで安全に治療ができること、原因の分からない腰痛の治療を得意分野としていること、治療による波及効果が期待できる、定期的手技を受けると、腰痛を予防できるなどがあります。

 

腰痛治療をカイロプラクティックでする場合の注意点は、保険が適用されず、未熟なカイロプラクターも多いので治療院を見極める必要があるという点です。

腰痛へのアトラス仙骨療法

腰痛に対して行うアトラス仙骨療法とは、従来のカイロプラクティックの方法を追求し開発された療法です。アトラスというのは7個ある首の骨の一番上の第一頸椎のことです。

 

腰痛へのアトラス仙骨療法で、腰痛の8割が改善されます。第一頸椎を強制すればほとんどの腰痛が治ります。それでも改善されない場合は仙骨を矯正します。

 

腰痛を治療するという観点からのアトラス仙骨療法の長所は、
・本来持っている自然治癒力や免疫力を活性化させ、健康を回復させる
・ソフトで痛みが少ない治療法である
・医師との連携プレーなので安心である
・腰痛以外にも、肩凝り、頭痛、スポーツ障害などにも効果がある
・病気になりにくい予防学的な効果がある
といったものがあります。

 

腰痛治療のアトラス仙骨療法の注意点は・健康保険の適用がない・すべての病気に効くわけではない
といったものがあります。

スポンサードリンク

関連ページ

腰痛へのAKA療法
腰痛へのAKA療法についての記事です
腰痛治療への操体法
腰痛治療への操体法についての記事です
腰痛治療の姿勢均整術、川井筋系帯療法
腰痛治療の姿勢均整術、川井筋系帯療法についての記事です