経皮的髄核摘出手術とレーザー治療

スポンサードリンク

腰痛への経皮的髄核摘出手術

腰痛の手術法の経皮的髄核摘出手術とは椎間板ヘルニアの治療法です。
髄核を取り出して、その内圧を下げ、それにより神経への圧迫をなくす方法です。
腰痛にはいろいろな種類がありますが、経皮的髄核摘出手術が効果的な腰痛は椎間板ヘルニアです。

 

受けられる条件は、
・保存療法を3ヶ月以上行っても効果が無かった場合
・ヘルニアの固まりが真ん中にある場合
・変形性脊柱管狭窄症ではない場合
・下肢症状がひどくない場合
・椎間板ヘルニアの手術を受けたことがない場合
などです。

 

腰痛の症状のひとつである椎間板ヘルニアに効果的な経皮的髄核摘出手術の長所は、皮膚を切除しないので跡が残らず、長期入院も必要なく、保険も適用されます。気をつけたいのは、適応外の場合には受けられず、有効率も70%です。

腰痛治療のキモパパイン

腰痛の治療法で、日本では日本では認可が下りていませんがキモパパイン注入法という効果的な療法があります。

 

その内容は果物のパパイヤから抽出した酵素であるキモパパインを椎間板の中心に注入してヘルニアの固まりを溶かす方法です。

腰痛へのレーザー療法

腰痛へのレーザー療法は、レーザーによる経皮的髄核減圧術と呼ばれています。飛び出した椎間板ヘルニアの髄核の中心部分にレーザーを照射して蒸散させて空洞を作り、髄核内部を減圧して神経の圧迫を取り除く治療法です。

 

・腰痛へのレーザー治療の手順
@局所麻酔
AX線透視下で針を通す
BX線透視
Cレーザー照射
D術後に1〜3時間の安静

 

腰痛の種類の中でも、椎間板ヘルニア、一部の脊柱管狭窄症が原因の腰痛には非常に効果的です。特に若いスポーツマンなどの小さな椎間板ヘルニアの治療には特に効果的です。

 

腰痛へのレーザー治療の長所はほとんど無出血で、局所麻酔だけで治療できます。
また、入院期間が短く、傷跡も残らず副作用も非常に少ないということが挙げられます。

 

腰痛へのレーザー治療の注意点は、保険の適用がないこと、有効率が80%であること、効果の発現に時間がかかること、全ての病院で受けられるわけではないということなどがあります。

スポンサードリンク

関連ページ

腰痛のブロック治療とブロック療法
腰痛のブロック治療とブロック療法についての記事です。