腰痛のキネシオテーピング療法

スポンサードリンク

腰痛をキネシオテーピング療法で治療する

腰痛での故障が多いスポーツ選手が効能に注目したことから有名になったのがキネシオテーピング療法です。薬を使わず手術をすることなく痛みに効果があります。

 

腰痛をキネシオテーピング療法で治療する方法はまず、筋肉の機能を正しく戻し、テーピングによって痛みを抑えます。そしてテープを引っ張って張ることにより関節のズレを元の状態に戻し治療します。

 

腰痛に効果的なキネシオテーピング療法に基づいたキネシオテープの張り方は、入浴後など、皮膚が濡れている場合水分を綺麗に拭き取ります。そしてテープは引っ張らないようにテープの裏側についている紙を剥がしながら貼っていき、張り終わったら体を元に戻してテープにシワができていることを確認します。

腰痛の種類によるキネシオテーピング療法の効果

腰痛の種類の中でキネシオテーピング療法の効果がある症状は、ぎっくり腰、慢性の腰痛症、軽度の椎間板ヘルニア、坐骨神経症、内科系疾患からくる腰痛などです。

 

腰痛治療のキネシオテーピング療法の長所は、正しく貼れば誰でも同じ効果が得られ、家庭でも簡単に治療できます。またテープを張ったままでの入浴が可能なので効果が持続するということです。

 

腰痛の原因として重大な病気が隠れていることがあるので事前に病院で検査を受けておくこと、肌がかぶれやすい人はパッチテストを行い確認しておくことなどが注意点です。

 

・腰痛に効果的なキネシオテーピングの張り方
@5センチ幅のテープの中心に切り込みを入れて、Y字テープを作り、まっすぐに立った状態でY字テープの下を尾骨の数センチ上の腰椎の上に張る
A上体を前にかがめテープを背骨に沿って両側に張っていく
Bかがんだままの状態で、腰痛のある部分を確認する
C上体を起こして、テープにシワが入ってることを確認する

スポンサードリンク

関連ページ

腰痛治療におけるゴムバンド療法
腰痛治療におけるゴムバンド療法についての記事です
腰痛に対するスパイラルテーピング療法
腰痛に対するスパイラルテーピング療法についての記事です